Bitcoin ・ブロック・チェーンとは?【初心者向け】ホントに理解できてる?

ビットコインは(Bitcoin)は、2008年にナカモトサトシと名乗る人物によって書かれた論文「Bitcoin: APeer-to-peer Electronic Cash System」が元になっています。

bitcoin-2007769_640.jpg

ビットコイン(bitcoin)の基本情報

名称                      : Bitcoin(ビットコイン)
コード          : BTC
開発者/開発組織     : Satoshi Nakamoto/bitcoin Core(有志の集まり)
コンセンサスアルゴリズム : PoW(proof of work)
承認目安時間      :   約10分
上限発行量       : 2100万

2009年より運用開始されており、今年で8年目です。しかし、サトシナカモトは未だに正体不明となっており、世界中で憶測が飛び交っています。

ビットコイン(bitcoin)は、中央管理を行う機関なしにP2Pという技術を用いて低コストの送金を可能とした世界で初めての仮想通貨(cryptocurrency)です。
このビットコインのを支えているのがProof of work(pow)という全く新しい概念と暗号通貨技術を組み合わせたブロックチェーン技術です。

電子マネーとは?

仮想通貨と電子マネーを混同している方もいるのですが、電子マネーとは全くの別物です。電子マネーとは運営機関や発行主体を持ち、紙幣や硬貨をしようせず、その国、地域などで発行されている通貨を使用し、データのやりとりで電子決済の実現を行います。

ブロックチェーン(blockchain)とは一体何なのか

世界の銀行や政府がこぞって注目する「ブロック・チェーン」こちらは一体なんなのだろうか。基本的な仕組みはこのような図になっています。

スクリーンショット 2017-10-08 17.41.34.png

 

よく分散型の公開台帳と表現されることが多いですが、ブロックが鎖のように連なる様子からブロックチェーンと呼ばれます。ブロック一つ一つが取引の情報となり、それらが記録されるため、台帳と呼ばれています。

スクリーンショット 2017-10-08 17.56.46.png

簡単にブロックチェーンというもののイメージできましたでしょうか?
ブロックチェーンの仕組みでまずよくわからなくなる点は、分散データベースと合意形成になります。

ブロックチェーン=仮想通貨ではない

日本では、ブロックチェーンというとビットコインを連想する人が多いと思います。「ビットコイン」とは仮想通貨でよく聞くビットコインと、これを支えるブロックチェーン技術としてのビットコインの2つを意味を表します。

仮想通貨とは?

そもそも仮想通貨とはその名の通り「仮想」の通貨のことをいい、実体のないネット上の通貨になります。実体のない通貨とはいえ、国内では資金決済法の改正によって正式に「通貨」として認められています。

仮想通貨はその代表的存在であるビットコインを支える「ブロックチェーン」という革新的技術によって存在しています。

分散型とは?

分散型とは従来の金融機関では取引台帳を管理するのはその金融機関のみが保有し、厳重に保管しています。しかし、1つの場所で管理(中央集権管理)の場合、クラッキングなどのリスクがあり、第三者からのリスクに常にさらされることになります。

しかし、分散されているのが特徴であるブロックチェーンでは、中心のデータベースがないため乗っ取ることはできません。ブロックチェーンは世界中の参加者のコンピューターで動いているので、1台がダメになっても他でカバーできるのです。

もうひとつの大事な特徴「パブリック

もう一つの大事な特徴としてはパブリックであることが挙げられます。
ネットワーク上にデータを置いてあることによって、誰もが自由に見ることができ、データの正しさを検証することができます。

 

秘密鍵、公開鍵とは?

ブロックチェーンには暗号通貨を利用した高度なセキュリティが備わっています。公開鍵(パブリックキー)と秘密鍵(プライベートキー)というに種類の鍵を利用して自分の資産を確実に守ることができます。
情報が更新されるたんびに新たなブロックができ、一つ前のブロックからの取引情報も記録される。少しでも取引間の情報に矛盾があれば正当なブロックとは認められない。
一つを変えようとすると前の記録と整合性が取れなくなるため、データを改ざんすることは不可能に近い。

 

よく聞く「マイニング」(採掘)ってなんなの?

仮想通貨でよく耳にするマイニング。これは一体なんなのでしょうか?
マイニングとは簡単に言ってしまうと、『取引履歴の記録システムに参加すること』です。
仮想通貨をやりとりする際にネットワーク上でのやりとりのデータの記録に膨大な計算処理が必要なため、追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われる仕組みになっています。

まだ世に出回っていないコインを手にいれることが、「鉱山で金を掘り当てる行為」に似ているという理由でマイニング(採掘)と呼ばれています。

 

最後に

世間ではBitcoin(ビットコイン)というワードが飛び交っており興味を持たれている方や実際に持たれている方も多くいるかもしれませんが、Bitcoinが本当はなんなのかを理解している方は少ないように思います。この機会にこの素晴らしい次世代金融技術にぜひ興味を持っていただけたらと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です