米国商品先物取引委員会(CFTF)は依然として仮想通貨の「取引」についての構成を把握仕切れず

まとめ(30秒NEWS)
・米国商品先物取引委員会(CFTC)は仮想通貨商品に対する「デリバリ」の時期を定義しようと画策している
・CFTCのブライアン・クインツェンツ委員長はビットコインに関する最近の報道を「ひどく間違っている」と批判
・同氏は「ビットコインの最も魅力的な側面の1つは、仮想通貨であることではなく、そのシステムだ」と述べた
・規制当局にとってはこのような技術は挑戦であり、機会であると前向きな姿勢を表している。
 

<ピックアップ>The CFTC Still Doesn’t Know What Constitutes Cryptocurrency ‘Delivery’

米国商品先物取引委員会(CFTC)は仮想通貨「デリバリの正確な時期」を定義することに意欲

米国商品先物取引委員会(CFTC)は、暗号鍵管理の複雑さのため、仮想通貨が「納入された」とみなされる正確な時期を定義しようとしていると報じた。
CFTCのブライアン・クインツェンツ委員長は過去の執行措置を参考に、先週のイベントで当局の関係者が「その質問に対する適切な対応を提供することを非常に懸念している」と述べた。
彼はまた、JPモルガン・チェース最高経営責任者(CEO)のジェイミー・ディモン氏が進めているように、「詐欺」であるという主張を含め、最近のビットコインのメディア批判を提起した。
デジタル商品の配送規則に関する彼のコメントは、おそらく最も重要なものであり、代理店が商品として仮想通貨の取引を監督することになると最初に発表してから2年以上経っている。
彼は以下のように述べている:
「CFTCは、デジタル商品の「実際の納期」をどのように定義するか教えてくれる人がいるだろうか?」
この分野における明確なルールの欠如(既存の規制が新技術と製品に対し衝突する結果)により、2016年6月にBitfinexが仮想通貨を顧客に対し、正確に資金を送金していないというCFTCからの主張に基づき、75,000USドルという和解金を要した。
その後、米国法律事務所のSteptoe&Johnson LLPがこの問題に対処するよう申し立て、昨年7月同法律事務所はブロックチェーンベースの資産を使用して行われた取引において、「デリバリ」の定義に関する規制を明確化するようCFTCに要請した。
同氏は、提案されたルールの公開に関し、明確なタイムラインを発表していないが、代理店自身と民間部門の諮問委員会の双方からオープンな議論の対象となると述べた。
「提案が提出されると、他の商品に対する規制の一貫性に加え、建設的な取引環境を提供できるよう、技術諮問委員会の意見とフィードバックが期待されると加えた。

論評

同氏は、ビットコインに関する最近の報道を「ひどく間違っている」と批判。
最近では、ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファインCEOやジェームズ・ゴーマンのCEOであるディモンなど、数多くの著名なウォールストリート界隈や金融アナリストがこのような仮想通貨に関する否定的な見解を提示している。
同氏によると、これらの見解、特に仮想通貨市場についての見解は、以下のポイントが抜けているという。
「ビットコインの価値は、過大評価や過小評価、または「詐欺」のいずれにしても議論することができますが、価格ベースの議論では、ビットコインの幅広い技術革新と業績を完全に逃してしまうだろう」と、
「ビットコインの最も魅力的な側面の1つは、仮想通貨であることではなく、そのシステム(生態系)だ」
CFTCのような規制当局にとって、このような特徴は、利益とリスク、挑戦であり機会である、と彼は主張した。
「規制当局は、プライベートなものから非常に広範なものまで、潜在的なシステムの多様性を認識することが重要であり、リスクに対する規制を適切に検討していく」と述べた。

 NEXT NEWS

シンガポール、仮想通貨自体ではなく仮想通貨を軸とするビジネスを規制

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です