世界初、バヌアツが国民権ビットコインで取得可能へ

まとめ(30秒NEWS)
・バヌアツ、先駆者としてビットコインを通じての国民権取得可能へ
・個人が多くの国民権取得を簡単に
・国内総生産額を今までよりも大幅に拡大の可能性

 

バヌアツ共和国は、正式に世界初となるビットコインを通じて国民権の取得を可能にすると発表した。バヌアツ市民権を取得するのに200,000米ドルかかるところ、それより41.5ビットコインほど安く取得できることになる。(10月10日現在)

バヌアツ共和国は、ビットコインを通じ国民権の取得可能を可能にした。

イギリス連邦の一国として、バヌアツ国民権は、ヨーロッパ諸国を含む100カ国以上への渡航が可能である。
バヌアツ中央情報局(VIC)局長のGeoffre Bond氏は、「バヌアツ政府は最先端技術を積極的に応用していくつもりの上、政府は正式にビットコインでの取得を承認するようVICに推奨している。通常の取得方法に加え、ビットコインを通じての取得は、オーストラリア財務省が指定する書類と共に、私たちのパートナーであるオーストラリア取引所を通じて行くつもりだ。」と述べた。
バヌアツ政府にアドバイスを与えた移住者投資専門家であるChristian Nesheim氏は、ビットコインでの取引は国民権市場で競争力のあるものになると示唆している。
Nesheim氏は、早期ビットコイン投資者を「収入の一部が多額の税金に妨げられないことに気づきたい人々」と表現し、Nesheim氏は、「このような投資者が彼らの仮想通貨を低税金の通貨への両替を薦めている。しかし、このようなことをする投資者の数は限られている。 国民権をビットコインを通じての取引を可能にしたバヌアツは、今現在唯一の国であり、近いうちにこの取引方法が良いか否かがわかるだろう。」と述べた。
VICの経営ディレクターであるJames Harris氏は、「仮想通貨での財務取引が疑われていく」と同時に「望まれていない行動に繋がっていく恐れ」と危険性を示唆した。「仮想通貨が全て追跡可能であるのも事実の上、仮想通貨自身の開発と取引は明確である。」「バヌアツ国民権が取引可能になったことで、仮想通貨の存在を強くする」と述べた。

バヌアツこの決断で、投資部門で右肩上がりになる時代に突入する

 
国際移民者による投資額は、20億以上に値する。今年に入りタイ政府は、『ELite』市民プログラムを発表した。これはThailand Privilege Card Company Limitedを通してのみ取得できる。これはタイ観光省が持っている会社である。タイは、『Elite Ultimate Privilege』を含む7つのタイプの市民権を現在提供している。『ELite Ultimate PRivilege』は、タイに20年の滞在許可の引き換えに6万米ドルと毎年600米ドルの支払いが必要である。ビジネスインサイダーは、この市民権は、200万米ドルの投資に対し、その国の国民権を得られると同時に、ヨーロッパ27カ国への渡航可能を可能にし、タイのGDP25%に値する40億米ドルを生み出した。
東南アジア国民権 Henley&Partnersの代表であるDominic Volek氏は、「国際的に個人が第2、第3の国民権取得への需要性は鋭く伸びている。家族の多様性と同時に、彼らのビジネスの世界への事業拡大を見据えている。また、多くの政府がこのプログラムが経済向上への画期的な方法として見ている。」と述べた。
参考文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です