セグイットとは? Bitcoin Core(ビットコインコア)は事業拡大化のために画策中

まとめ(30秒News)
・「Schnorr signatures」と呼ばれるビットコインブロックチェーン上の「signature aggregation」をサポートするElliptic Curve Digital Signatureアルゴリズム(ECDSA)を取り除くことで効率化を目指す新提案を発表した。
・新技術によりサインの数を削減可能であり、開発のさらなる効率化が期待される。
・BlockstreamのNickは、「開発者たちは、開発に集中できる時間が増えればそれでいい」と述べた

Bitcoin core(ビットコインコア) 開発チーム、未だ仮想通貨のプロトコルの拡大化が実現していない

6週間前、ネットワーク上でSegregated Witness(SegWit)と数年に及んだ大きな変更があったにも関わらず、(企業や利用者は徐々に更新され、ブロックは大きくなった)より多くのユーザーに対応するため、さらなる開発の効率化が求められる。
そのため、企業やマイナー(採掘者)は、より積極的な開発技術の拡張を推進しているが、議論の余地があるSegwit2xに関する提案により、ビットコインで利用されているソフトウェアを支えるオープンソースチームは、別の取り組みに専念している。 「Schnorr signatures」と呼ばれるこの提案は、ブロックチェーン上の「signature aggregation」をサポートするElliptic Curve Digital Signatureアルゴリズム(ECDSA)を取り除くことである。
一見、複雑に思えるが、この変更は、すでにネットワーク上で行われている各取引を統合することを意図する。 ECDSA制度の下で、ビットコインの取引は各ブロックでサインが必要になってくるが、Schnorr signaturesではすべてのデータに対し、一度のサインのみで十分である。
こういった技術を担当する開発者によると、「ビットコインが抱えるいくつかの懸念点を改善することが可能」であるという。
Blockstreamの技術者Jonas Nickは、サインデータを集約するこの方法は、ビットコインの規模拡大化を容易なものにする。
「まず、サインの数を減らすことにより、各ブロックに集まる取引データ量が増加する。第二に、サインを統合化することにより、取引がどこからのものなのかといった解読が難しくなり、プライバシーを強化することができる。第3に、余分なスペースに小さなビットコインデータを意図的に侵入させるといった「スパム攻撃」を未然に防ぐことができる。」

失敗の中から生まれた成功

この新技術は少なくとも2013年以降のものであったが、開発者は、Schnorr signaturesをビットコインでの実際の実装に近づけるようにいくつかの方法を考えている。
SegWitはサインデータをブロックの別の部分に移動させるといった、コード変更が最初に必要な手順であり、従来にはなかった、Schnorr(またはそのようなもの)を下位互換性のあるソフトウェアアップグレード(ソフトフォーク)で実装することが可能である。
最近では、開発者がアルゴリズムをより速く構築するのに役立つ暗号化研究の成果を発表した。
Bitcoin Coreの年次会議の記録によれば、開発者はSignature aggregation計画をFinancial Cryptography and Data Security 2017にまとめた論文を提出した。会議委員会はこの論文の内容を拒否しましたが、Signature aggregation計画のセキュリティ面の説明が不足しており  彼らはセキュリティがより強いことを証明した別の提案を行った。
Bitcoin Coreの主格であるBryan Bishopは「これまで考えられていた以上に暗号を過去から遡って研究したことを意味し、非常に重要なものである」と述べた。
開発はすでに終えており、開発者はセキュリティー対策に追われる時間を短縮化でき、ビットコインを実装する時間に割り当てることができる。

実現化に向けて次の段階へ

BlockstreamのNickは、 “aggsig module”と呼ばれる進行中のコード変更バンドルを、Schnor が処理されている部分の主要とすると述べた。
Andrew Poelstra氏、Greg Maxwell氏、Pieter Wuille氏、Peter Dettman氏などから出資を受けており、この最先端のモジュールは長い年月をかけて開発されるだろう。
Nick氏によると、サインの確認作業がなるべく早くできるよう、Schnorr signatureの実装を最適化することに多くの開発者が注意を向けている一方で、ビットコイン自体には、aggsig moduleには欠けている部分がいくつか残っている。
たとえば、ビットコインのOP_CHECKSIG functionは、誰かが実際に送信しようとしている利用者が、ビットコインを所有しているかどうかを確認する。現在のところ、同システムは新技術であるsignature aggregationを考慮しないため、Schnorr signaturesを実行できない。
開発者は、新しい機能の工程を実装する前に、ある種の工程表を作成する必要があると付け加えた。
それでも、彼はそれを「比較的簡単なもの」と呼んで、実装に時間がかからないと楽観的だった。
同氏は結論付けた:
「開発者たちは、開発に集中できる時間が増えればそれでいい」
参考文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です