ビットコインゴールド(bitcoin gold)プロジェクトに数多くの問題

まとめ(30秒ニュース)
・ビットコインゴールドプロジェクトに数多くの欠陥が見つかる
・ビットコインチームが全ての非難に対して正式に回答
・フォークの発生前にユーザーがビットコインゴールドを要求することが可能なウェブサイトが存在

ビットコインゴールド (bitcoingold)が悪い注目を浴びる

Bitcoin Gold(BTG)(ビットコインゴールド)の話題が再び仮想通貨界に広がっている。この一週間で、多くの人々がBTG(ビットコインゴールド)を調査し、BTG(ビットコインゴールド)に関する欠陥が数多く見つかった。 BTG(ビットコインゴールド)の問題点と未解決の問題を強調した記事はほとんどないため、人々は懐疑的だ。さらに、BTG(ビットコインゴールド)のチームのSlackチャンネル内で厳しい質問をする人や、BTG(ビットコインゴールド)は怪しいと言っている人が数多くいます。また、それと同時に、文字通りインフラやフォークのサポートを示す交換項目がないことに驚いている人もいる。
今週、BTG(ビットコインゴールド)のウェブサイト上で逆のWhoisバックグラウンド検索を行われ、仮想通貨ドメインを数多く所有しているサイトのオーナーが見つかった。また、プロジェクトの新しいコンセンサスアルゴリズムが未完成であり、リプレイ保護がまだ追加されていないことも発見された。まだ開発されてから2週間しか立っていないプロジェクトのコードであったため、仕事は簡単なものだった。最後に、このプロジェクトはプリマインがコードに実装されているので、このプロジェクトが実際にフォークすると開発者はかなりの量のBTG(ビットコインゴールド)を持つことになる。
今週、Bitcoin Goldプロジェクトに関する調査の記事が多数あった。
Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)チームが非難に対応
10月10日に、news.Bitcoin.comは, 現在BTG(ビットコインゴールド)に浴びせられている全ての非難に対して正式に回答した。
BTG(ビットコインゴールド)のチームは、「最近、私たちはBitcoin(ビットコイン)ネットワークにおける分散化の重要性を理解していない人々から標的にされ非難されていました。 この詐欺のような非難は数ヶ月前から私たちのサイトのスナップショットを使って行われていました。と述べた。
プロジェクトの開発者は、まず始めにリプレイ保護を追加し、それぞれの非難を対処していくとした。 BTG(ビットコインゴールド)チームは、「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)の変更と比較して、リプレイ保護は比較的簡単なコードの変更です。BTG(ビットコインゴールド)を立ち上げる前にリプレイ保護は必須だと主張しています。 」と述べている。また、同チームは「ここのプロジェクトに取り組んでいるボランティアの開発者が今まで1人しかいなかったので、まだリプレイ保護のコードは追加されていない」とも述べている。
2017年9月11日に16000ブロックのBTG(ビットコインゴールド)プリマインがコードに統合された。
完成していないEquihashの実装に関してBTG(ビットコインゴールド)チームは、コンセンサスの変更が完了していないと述べている。同チームはまた、採掘難易度調整アルゴリズムへの新しい変更はまだコードに統合されていないとも述べている。同チームは、「7月からの資金調達のためのアイデア」と述べている。
BTG(ビットコインゴールド)チームは、「初期の資金調達のアイデアは、拡大したチームのビジョンと創造性を反映したものではなかったのでアイデアはウェブサイトから削除された。」と説明した。しかし、同チームはそのプリマインのコードは削除しておらず、プロジェクトがボランティアの人たちにより成り立っていると強調しているとBTG(ビットコインゴールド)は述べている。
私たちはプロジェクトの基本的な資金調達のための少量のプリマインの可能性を完全に無視するつもりはないが、もし無視すれば、世界は透明になり、その資金がどのように使われるかを説明する詳細な財務計画が見れるだろう。

秘密鍵を要求するBTG(ビットコインゴールド)のサイトが存在

近々発表されるBTG(ビットコインゴールド)のフォークのもう一つの問題は、フォークが発生する前にユーザーがBTGを要求することが可能なウェブサイトが存在することである。「claimBTCGPU」というウェブサイトは、BTC(ビットコインゴールド)のシードを「システム」に入力するかどうかユーザーに伝え、ユーザーは自分のBTGを事前に申し立てることができる。しかし、この時点ではまだ使うことはできない。同ウェブサイトではビットコインウォレットのシードフレーズを検索して入力する方法についての手順が説明されている。同ウェブサイトは、ビートコインゴールドウォレットであると主張し、BTG(ビットコインゴールド)の引き出しを優先させる可能性を創り出すビジネスを開始した述べた。
要求の仕方の部分では、どのように既存のBTCシードを見つけてシステムに入力しフォークの前にBTG(ビットコインゴールド)残高のあるウォレットにリダイレクトする方法を写真と共に詳しく説明されている。 このウェブサイトを「詐欺」と呼んでいる人や、BTG(ビットコインゴールド)のサイトが詐称だと宣言しているYouTubeのビデオさえ既に存在している。 BTC(ビットコインゴールド)が発表される前にオンラインでプライベートシードの入力を求めるインターネット上に突然現れるウェブサイトを使うと資金を失ってしまう可能性がある。 そのようなリスクがあるため、news.Bitcoin.comではBTGのウェブサイトを主張するリンクを提供しない。
参考文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です