歴史は繰り返す?高い信頼性を誇るEthereum(イーサリアム)がブロックチェーンスピリットを避ける。

まとめ(30秒News)
・ Ethereum(イーサリアム)のサポーターの多くは、世界で2番目の規模を誇るブロックチェーンがコードベースの変更を否決することに対し信任した。
・ Ethereum Improvement Protocol (EIP)は過去数ヶ月にわたって物議を醸し出している状況である。
・ EIPは各ブロックのEthereum(イーサリアム)を減らすことで、採掘の利益が減らす可能性があったため採掘者に不評

 

史上最大のアップグレードから数日後、Ethereum(イーサリアム)のサポーターのほとんどは、世界で2番目の規模を誇るブロックチェーンが過去の過ちを避け、コードベースの変更を否決することに対して、信任した。
「何も起こらないと思っていた。」。Ethereum Foundationの開発者、およびデザイナーであるAlex Van de Sande氏はそう予測した理由として、前回のハードフォークでは何も起こらなかったので、といった内容を付け加えた。
フォークに際して、Ethereum(イーサリアム)を軽く、早く、よりプライベートにするため施されたアップグレード版であるByzantiumは、Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーンにて、ブロック4,370,000で制定される予定だ。
Ethereum(イーサリアム)は、ブロックチェーンをアップロードする事に対する一般的な戦略として、3つのハードフォークを複雑化することなしに耐え抜いてきた。そのため、プランを変更しないということはフォークにあたっての最優先事項だ。

しかし、昨年の夏、緊急ハードフォークにおいてEthereumは、古いブロックチェーンの採掘を続け、Ethereum classicという新しい資産をつくった。その数ヶ月後、ユーザーと企業はファウンドを失い、Ethereum全体が突然マーケットでの競争に直面したのだった。
現在、ほとんどのユーザーや企業が特定のハードフォークを使用しているが、このフォークは、かなり穏やかなものであり、EthereumにはRopstenというテストネットワークがある。これは取引を可能にし、開発者を招き入れたものだ。開発者によると、このテストネットワークは全体として期待に沿ったものであったらしい。

また、Byzantiumについては、変更のほとんどをユーザーが把握することは困難だが、Ethereumにアプリケーションを多く持ち選択肢のある開発者にとっては救済であるという。
しかし、ほとんどの部分において、変更は物議を醸し出している状況だ。とくに、Ethereum Improvement Protocol (EIP)は過去数ヶ月様々な論争を引き起こした。たとえば、各ブロックのEthereum(イーサリアム)を減らすことで、EIPには、採掘の利益が減らす可能性があり、これは採掘者にとっては全く歓迎されないといったものがある。それに対する抗議運動として、Etheriteと呼ばれる運動が行われている。これは、開発者のDylan Youngが、変更は採掘者の利益を減らすものと考え、立ち上げたものだ。同氏は、変更に際して“選択肢がない”ということに疑問を呈している。Van de Sande 氏によると、Byzantiumは、各ブロックの還元を5 ETH から3 ETHに減らしたため、ほとんどの採掘者はもう採掘の余地がないと感じ、蓄えもフォーク前と変わらないため、Ethereum(イーサリアム)には期待していない状況だ。

だが、古いバージョンを持っていたとしても経済的利益は見込めない採掘者にとって選択肢はないに等しく、フォーク前から議論になることは避けられないようだ。

参考文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です