Bitcoin(ビットコイン)による欧州のフィンテック・ブームを銀行カルテルがけん制

まとめ(30秒News)
・欧州で多くのフィンテック・スタートアップが台頭
・いくつかの銀行が競合であるフィンテックスタートアップを抑制
・欧州委員会は競争を促すためにそれらの銀行に調査に入った

ヨーロッパの嘆かわしい問題

フィンテックの企業やその関連企業は、これまで安定であると考えられていた収益性の高い貸出市場から何十億もの資金を奪った。Amazon.、PayPal、Squar.などの企業は既存の銀行に相手にされなかった中小企業を救うかもしれない。先に述べた企業は中小企業の融資に積極的である。AmazonのPeeyush Nahar副社長は、「我々は、他者が中小企業に投資しないときに、彼らに融資する」と述べた。「より機敏で、伝統的でなく、政治的に結びついていない中小企業は他と異なるためにビジネスモデルを確立することができることを更に指摘した。

ロイター通信のフー・ユン・チー氏は、「欧州の企業は、モバイルペイメントアプリを提供する企業からビットコインなどの暗号通貨に至るまで幅広い範囲に及んでいる」と説明している。United Kingdamのビットコインとそれに関する支払いサービス、取引所、マイニングプール、スタートアップを含むビジネスが遅れて繁栄したよりも明らかな国はいない。英国でビットコインを受け入れる小売業者はどこにでもいます。これはEUにとって問題である。そして、Chee氏は次のように述べている。「英国がEUから撤退することは、EUのフィンテック市場の80%以上が英国に拠点を置いているためである”」。

欧州委員会、「競争」の復活のため動き出す

Bloomberg News の調査によるとEUの独占禁止当局は、銀行業界がライバルのサービスの顧客口座にアクセスすることを妨げているかを調べていると報道した。このようなEUの問題は欧州委員会ある。欧州委員会は、電子版の報告書の中では、「関係する企業および、またはそれらを代表する団体が、EU独占禁止法違反で反競争的慣行に従事している可能性がある」と述べた。依然として申し立てではあるが、銀行のない金融サービスをする企業を銀行顧客の口座データにアクセスさせないように排除することは規則違反である。

News.Bitcoin.comは、ビットコインのそれぞれのポジションについて、オランダの銀行協会(NVB)とポーランド銀行協会(ZPG)のウェブサイトを調査した。 NVBは公表していなかったが、ZPGローンの言及は2013年が唯一だ。少なくともこれらのレガシー機関は、ビットコインおよびビットコイン関連のビジネスの将来を意味する可能性がある

オランダの支払い協会(Dutch Payments Association)は、調査中であることを認め、「当委員会と完全に協力し、調査の結果に自信がある」と述べる簡潔な声明を発表した。

ZPGのKrzysztof Pietraszkiewicz氏は、おなじみの言い訳を使用して、Bloombergに対して、「顧客の資格情報へのアクセスを第三者に要求することは勤勉であり、預金の安全性を損なう解決策を受け入れない。私たちにとってセキュリティは優先事項である」と。

しかし、それでも、ビットコインの使用者が世界中の金融改革に拍車をかけていることは確かである。

参考文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です