ビットコインフォークは景気を煽り、人々を対立させる

まとめ(30秒 News)
・10月のフォークに際し、意見を対立させている
・ 熱心な投資家とは対照的に、開発者たちは、巨額のマネーが動くとは考えにくいと見ている
・ それに対して、ハードフォークを通して、人々はより多くのトークンを得てはどこかにドロップするということは間違いないとHarry Yeh氏は言及した

bitcoin(ビットコイン)予想により人々の対立を示唆

bitcoin(ビットコイン)は史上最大の取引が予想されているが、同時に専門家は懸念も示している。
現在、仮想通貨の可能性に対する議論が増加し、仮想通貨は大勢の人々から認められるようになった。しかし、その一方で、仮想通貨をあやしみ、今が参入の時機ではないと考えている人々がいる。そして、このわずか数週間で、bitcoin(ビットコイン)はただ単に議論を招くものではなく、人々を対立させるものになってしまっている。「ビットコイントレーダーは、あなたが遭遇するなかで、もっとも分別のないトレーダーの一種だ。」
OpenBazaarの開発者であるChris Pacia氏はこのような言葉をFacebookに投稿した。
そのような中、11月にフォークが実施されるが、熱心な投資家が色めき立つのとは対照的に、Paciaのような開発者たちは、だれかが巨額のマネーを投じるとは考えにくいとしている。

開発者たちはメカニズムも政策も前回とは異なるものとして議論しているなかで、投資家たちは、8月に実施された前回のハードフォークのように自分たちは得をすると考えてしまっている。これは今回新しく参入する投資家だけでなく古株の投資家にもいえる傾向だ。
このような状況に対し、仮想通貨の投資会社であるBinary FinancialのマネージングパートナーであるHarry Yehは「投資家は『今もっと儲けるぞ。』と単純に考えている。」と述べた。
これは、単にアグレッシブな取引なのだろうか。それとも、希望的観測なのだろうか。
一つ、bitcoin cashハードフォークとSegwit2xハードフォークの違いとして、従来のサポーターが仮想通貨で競合する点が挙げられた。Segwit2xに関しては、競合するという動機はなかった。
いまだ、取引センターは仮想通貨を確立された市場ではなく、ハイリスクの世界だと考えている。これは従来の経済システムが仮想通貨の世界に適用されないためである。

Harry Yeh氏はこのような認識に対して、分割と2つの競合する資産を生み、歴史的に大きな価値をもたらした昨夏のethereum(イーサリアム)ハードフォークを取り挙げた。Ethereum(イーサリアム) and Ethereum classic(イーサリアムクラシック)は分割の後ドロップされ、Ethereum(イーサリアム)のマーケットはすぐに良い状態に回復し、コインは高い価値となったのだ。このように、ハードフォークを通して、人々はより多くのトークンを得てはどこかにドロップするということは間違いないとYeh氏は言及する。結果として、個人投資家が多くのビットコインを購入した場合、フォークの価値は上がり、最終的に多様な資産を増やすことにつながるのだ。Citigroupの前トレーダーであるArthur Hayesによると、仮想通貨の多様な交換は、ビットコインのプロトコルの追加バージョンが長期的には影響しないため競争が高くなっているという。

参考文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です