Ethereum(イーサリアム)がByzantium(ビザンチウム)にアップデート

まとめ(30秒ニュース)
・Ethereum(イーサリアム)がブロックチェーンのソフトウェアをByzantium(ビザンチウム)へアップデート
・Byzantium(ビザンチウム)対応のethereum(イーサリアム)のソフトウェアは時間内ギリギリで修正完了
・現在、GethとParityが欠陥のあるソフトウェアを実行中

Ethereum(イーサリアム)が正式にアップデート

05.22 UTCに、ethereum(イーサリアム)で第5のハードフォークが発生した。これは時価総額で2番目に大きい仮想通貨で、プラットフォームを強化するために設計されたEIPs(ethereum improvement protocols)が制定された。 CoinMarketCapのデータによると、1ドルあたりのether(イーサ)の価格は大きく変動した後に2%以上上昇し、348ドルになった。
Metropolis(メトロポリス)の名でethereum(イーサリアム)のロードマップに初めて導入された大規模のアップグレードはかなりの遅延が発生し、Byzantium(ビザンチウム)とConstantinople(コンスタンティのプール)の2つに分けられた。(Constantinopleの正式なリリース日は未だに発表されていない。)
Byzantium(ビザンチウム)は議論を引き起こす変更がほとんどない計画的なフォークで、アップグレードに含まれるコードの変更のメリットについての意見の相違はコミュニティの間ではほとんどなかった。しかし、このフォークは、ethereum(イーサリアム)のERC-20 token standardを使用して開始されたICOトークンの人気に大きく関連していた技術に対する関心が大きくなってから初めてのethereum(イーサリアム)の大きいアップグレードのため、未だに注目を集めている。
しかし、プロセスは時折難航し、ethereum(イーサリアム)の開発者はアップデートの締め切りまでにいくつかの予期せぬ問題に直面した。
Byzantium(ビザチウム)に対応したethereum(イーサリアム)のソフトウェアは、この数日間に、コード内で見つかった重大なバグが原因で次々と縮小していった。開発者はフォークを延期することも真剣に考えたが、なんとか時間内に修正できた。
ブロックチェーンの分析をするウェブサイトであるEther Nodesによると、現在、欠陥のあるソフトウェアを実行しているノードはethereum(イーサリアム)の2つの大きなクライアントであるGethとParityで、Gethが65.3%、Parityが30.4%となっている。これまでにCoinDeskで詳述されているように、欠陥のあるソフトウェアはコンセンサスの問題を引き起こし、ネットワークが分割したり、プラットフォームがDoS攻撃にさらされる可能性がある。
しかし、いまのところ、現在のフォークのログによれば、少数派のフォークの気配はなく、開発者はソーシャルメディアへの移行を祝福している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です