オーストラリアがBitcoinを採用、初のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を歓迎

まとめ(30秒News)
・ここ数ヶ月で、オーストラリア政府はBitcoin(ビットコイン)の規制を改正する予定
・同国では、ビットコインをはじめとする仮想通貨の利用が増加傾向にある
・また、同国で最初のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)が実施され、太陽電池の取引を促進するためにブロックチェーンを使用している会社であるPowerledgerは、15,000人以上からの投資を受けた。
・オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、9月末に、オーストラリアでICOを実施しようとする企業のガイドラインを公表し、ICOが企業法の規制管轄内に含まれるという点を明確にすることを目指している
ここ数ヶ月で、オーストラリア政府はBitcoin(ビットコイン)の規制を改正しようと画策している。以前は企業や個人が仮想通貨の不正使用を防ぐためのものだ。オーストラリアの仮想通貨市場は、その後、オーストラリアのビットコインに関連する連邦法の改正に対する投資家の信頼を高めていると、多くの業界関係者が期待を寄せている。

オーストラリアでのビットコインの利用が増加

オーストラリアでは、2017年にかけ、ビットコインをはじめとすう仮想通貨の利用が増加している。その多くは、新規投資家や取引事業者がオーストラリアの仮想通貨に関する規制環境を変えることに起因している。
シドニーベースのビットコイン取引の最高責任者である最高責任者であるIndependent ReserveのAdrian Prezelozny氏はPrezelozny氏は、オーストラリアのメディアに、同社は現在、最大4百万ドルの豪ドル(316万米ドル)を処理していると語った。
7月、オーストラリアは、ビットコインを正当な支払い手段と認定する新たな法案を提出し、ビットコインに対する悪名高い二重課税制度を終了しました。翌月、オーストラリア政府は、「マネーロンダリングと反テロ資金調達法を強化し、オーストラリアでの取引と報告分析センターの権限を強化する」改革の一環として、仮想通貨取引の運営を規制する規則を制定した。
Prezelozny氏は、拡大しているオーストラリアのビットコイン利用者が、仮想通貨に関連する国の統制機関の改善につながったと考えられている。 「オーストラリアの業務規制の規模は、人々がより安心してビットコインを利用できるように、我々はあらゆる種類の人々が投資しているのを見ている。これは世界的な傾向でもある…この種の規制は新規参入する投資家の信頼を得ることになるだろう。

オーストラリアは、同国で最初のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を歓迎

太陽電池の取引を促進するためにブロックチェーンを使用している会社であるPowerledgerは、月初めに3400万ドルの豪ドル(2690万ドル)を調達した。 ICOは15,000人以上からの投資を受け、約17億豪ドルの現金、1億1000万豪ドルのイーサリアム、6百万豪ドルのビットコイン、40万ドルのライトコインを調達した。
オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、9月末に、オーストラリアでICOを実施しようとする企業のガイドラインを公表した。このガイドラインは、ICOが企業法の規制管轄内に入る状況を明確にすることを目指している。 ASICは、ICOの特殊性に応じて、投資管理の規制要件、株式のオファー、またはデリバティブ取引のオファーに該当すると結論付けた。
9月の初めに、同国のATM業界で、2番目の規模を誇るStargroupは、既存のATMをビットコインに対応したATMに変更する技術をもったブロックチェーン決済サービスプロバイダDigitalXとの合弁契約を締結したと発表した。同契約では、Stargroupが所有する500以上のATMと、子会社のStarlinkを通じて管理されている2,400以上の端末を変換する計画だ。 8月、news.Bitcoin.comは、若いオーストラリア人に、仮想通貨と分散型元帳の技術を体験し、学ぶ機会を提供するWooranna Primary Schoolの「Blockchain Program」についての記事を公開した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です