バンク・オブ・アメリカ、ブロックチェーン処理システムのための特許を求める。

まとめ(30秒News)
・8月で、Bank of Americaは20件以上のブロックチェーン、あるいは仮想通貨に関する特許を申請したことになる
・現行のシステムはミドルウェアが必要メモリーの量が増え、リソースと時間が必要だった
・ブロックチェーンならば、現行のものよりスピーディーに大量のデータを転送することができる

Bank of America とは何か

Bank of Americaは、アメリカ合衆国のノースカロライナ州のシャーロット市に本社を置く銀行でありニューヨーク証券取引所上場企業である。

Bank of Americaは、ビットコインのイノベーションといわれるブロックチェーン技術に注目している銀行のひとつである。名称から「アメリカの中央銀行」と間違えられることが多いが中央銀行ではない。
今回、Bank of Americaはブロックチェーンを使ってファイル転送をリアルタイムで行う方法を探求している。
Bank of Americaから提案されたシステムは、2つの特許出願を参照し米国特許商標庁によって最近リリースされたものだ。ブロックチェーンはデータ処理のプロセスを簡潔にするために通信とメモリー装置を組み合わせ、特徴を利用したものがこのシステムだ。

現行のシステムはミドルウェアが必要でメモリーの量が増えるため、リソースと時間が必要だった。それと同時にデータのステータスはメモリーの必要条件が満たされなくなるため処理中に追跡することができなくなった。

その代わりとして、Bank of Americaはよりスピーディーに大量のデータを転送することができるブロックチェーンに目を付けた。加えてブロックチェーン暗号キーを用いてデータを追跡、パケットを転送することもできる。以上の利点をもとに、銀行はブロックチェーンの利用を推進した。

このブロックチェーンを使うシステムの目的は、2つのデータ処理のタイプを管理することだ。一つは、実際のデータ転送そのもの。二つ目は各データパケットと現在の処理段階を識別する暗号キーのログだ。
アプリケーション(申込書)には、以下のように述べられている。

「この発明は、情報の複雑さを低減し、電子ファイルやファイル内に含まれデータの管理、処理に新しい技術的な答えを提示する。」

最新の特許はビットコイン使用を守るためのポトフォーリオをつくるため、アメリカの大手銀行が継続する。
この8月でBank of Americaは2014年から数えて20件以上のブロックチェーン、あるいは仮想通貨に関する特許を申請したことになる。

ブロックチェーン、仮想通貨がまだ今ほど取り上げられていない2014年からBank of Americaはブロックチェーン、または仮想通貨の技術開発に勤しみ技術を向上させ、特許を20件も取ってきたことは非常に興味深い事実だ。

 

参考文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です