ビットコイン・ゴールド(Bitcoin Gold)の価格はどうなっていくのか?

まとめ(30秒News)
・多くの取引所がビットコイン・ゴールドの今後の付与に関して、トークンのリストを作成している。
・金融出版社Empiricusの研究員であるSafiri Felixは「フォークとエアドップは、新しいトークンを開始する傾向があると考えており、ユーザーベースを即時に獲得できることを目指している。最高の場合だと、ビットコイン・ゴールドはライトコインとのライバルになるポテンシャルは秘めているだろう。」と期待
・ビットコイン・ゴールドは当分、ビットコイン(bitcoin)・ビットコイン・(bitcoin cash)の市場価格を上回ることはないだろう。
・Crypto Asset Managementのマネージング・ディレクターであるTim Ennekingは、「これは、幸先の良いICOのようなものだ」と結論
$ 0から$ 2,900までの価格変動である。
ビットコイン(bitcoin)の新しいフォーク通貨であるビットコイン・ゴールドは、正式に始まっていない(またはユーザーに配布されていない)かもしれないが、潜在的な価値を判断する段階にある。
付与に関する紆余曲折があった中で、多くの取引所がビットコイン・ゴールドの今後の付与に対するトークンのリストを作成している。(すべてのビットコイン・ユーザーが利用できるようになる以前に)。しかし、このイベントに先立ち、投資家らは価値を評価しようとしており、ビットコインのマイニングネットワークに対する報酬の競争激化への代替案を提言している。
今のところ、意見の不一致があると言っても過言ではない。
インタビューでは、アナリストは、開発チームについて話すときと、プロトコルの潜在的な市場機会を特徴付けるときの両方で、ビットコイン・キャッシュに関する予約を表明した。
例えば、金融出版社Empiricusの研究員であるSafiri Felixは、ビットコイン・ゴールドは、他人にビットコインのブロックチェーンのクローンを作成し、膨大なユーザーに拡散できる可能性が高いと考え、この軌道は限りがあるとした。
フェリックス「フォークとエアドップは、新しいトークンを開始する傾向があると考えており、ユーザーベースを即時に獲得できることを目指している。最高の場合だと、ビットコイン・ゴールドはライトコインとのライバルになるポテンシャルは秘めているだろう。」と語った。
実際、調査された業界関係者のほとんどは、このプロジェクトがビットコインまたはビットコイン・キャッシュ(bitcoin cash)と競合することを期待していないため、時価総額がそれほどの大きな額にはなっていない。
このような新年は、BTGトークンがBitfinexで2,900ドルの高値で売買された後、火曜日に96.64%低下し、97ドルとなったように、市場に影響している。水曜までは、売り注文が滞ったが、最終的に約137ドルで安定した。
現在の価格では、すべてのビットコイン・ゴールドの価値は、ビットコイン・キャッシュの僅か43%、ビットコインの2%という価値である。したがって、当面の間、これらの通貨の価値を上回る可能性は低そうだ。
同様に、投資家の取引頻度も緩和されているようだ。現在、Bitfinex、HitBTC、Yobit、Bleutrade、BitstarおよびCoinnestの取引所はBTG / BTCとBTG / USDの通過ペアをサポートしている。

開発者の懸念

もちろん、調査対象者の最大の懸念点は、トークンが実際に開発の背後にある人々によって付与されるかどうかといったところだ。
すでに議論の中心になっているのは、ビットコイン・ゴールドの開発チームが、「プレマイニング」の一部として、将来への拡大のため、一定量の仮想通貨を廃止しようとしていることだ。Safiriはビットコイン・ゴールド・チームが業界での実績がないのは確かである。
「質の高いコードを提供することを却下するのは当然だ」と彼は語った。
仮想通貨業界の起業家をはじめとする企業やコミュニティのディレクターであるJaxx、Charlie Shremは、本質的に不正行為を意味するものではないが、資金を疑わしいものとして捉えると表明した。
“[それはビットコイン・キャッシュを複製し、開発者へ多大なる還元をしているようだ”と彼は言った。
彼の発言は、ビットコインとビットコイン・キャッシュと比較したビットコイン・ゴールドの低価格さは、今後も到底その2つの通過には追いつくことができないような考えが反映されているようだ。

長期的な可能性

ポートフォリオを考えいる方々にとっては、新しい通貨に対する価格決定には、注目する価値があるだろう。
例えば、8月にビットコインを切り捨てたBCH(bitcoin cash)は、最初の1ヶ月で300〜400ドルと下落する前に、1,000ドル近くの高値で取引された。同様に、zcashは1トークンにつき数百万ドルで取引されていた。(しかし、この場合は付与の仕方にも起因している)。
だが、適正な価値の決定といった課題があるだろう。
シュレムは、潜在的なビットコイン・ゴールドが、以前のマイニング設備でプロトコルを確実にするために、仮想通貨の愛好家に刺激を与え、潜在的には価値創造を行い、実用性につながる可能性があると予測する。
同氏は、従来の古いGPUを使用してイーサリアムを生成することができるが、これを実際に行なってしまうと、既存の競争を考慮したところ、報酬のチャンスが減ることになるだろうと主張した。
もちろん、他の関係者は否定的だった。ビットコイン・ゴールドのようなフォーク通貨は今後、価値が下落していくだろうと述べた。
Ennekingは次のように結論づけた。
「これは、幸先の良いICOのようなものだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です