サトシ・ナカモトのビットコイン論文発表からもう9年が経過

まとめ(30秒ニュース)
・サトシ・ナカモトの論文が発表されてから9年が経過した
・bitcoin(ビットコイン)は人民のためのお金
・サトシ・ナカモトは論文内で信頼に頼る必要のない電子取引システムを提案
・発表されてから9年経ったbitcoinの技術が衰える兆候は一切なし
2017年はbitcoinにとって驚異的な一年となった。bitcoinは数々の予想を上回り、現在は100億ドルの時価総額を誇っている。9年前の今日、「インターネット上の通貨」の匿名の考案者であるサトシ・ナカモトがbitcoinの論文を発表した

2008年10月31日、ピアツーピアの電子式キャッシュシステムのアイデアが生まれる

2008年10月31日にサトシ・ナカモトと名乗る人物もしくはグループが「Bitcoin:Peer-to-Peer Electronic Cash System (Bitcoin : ピアツーピアの電子式キャッシュシステム)」という論文を発表し、世界初のピアツーピアの分散型通貨システムを生み出した革新的なテクノロジーが紹介された。bitcoinはインターネットベースのお金は政府または企業の団体によって発行されたものではなく、第三者を経由しないでオンライン決済を可能にしている。
bitcoinの主要な特徴はナカモトの論文の最初の数文にまとめらている。
「純粋なP2P電子マネーによって、金融機関を通さない甲乙間の直接的オンライン取引が可能になる。電子署名は問題の一部を解決するが、依然信用できる第三者機関による二重使用予防が求めらため、その恩恵は失われる。当システムはP2P電子マネーにおける二重使用問題の解決を提案する。このネットワークは取引に、ハッシュベースの継続的なプルーフ・オブ・ワークチェーンにハッシュ値として更新日時を記録し、プルーフ・オブ・ワークをやり直さない限り変更できない履歴を作成する。」

人民のためのお金 bitcoin

bitcoinは2009年1月に一般公開され、分散型ネットワークは社会に蔓延する一般的なお金と金融システムの認識を徐々に変え始めた。 bitcoinは10人のBTCを受け取り、最初のbitcoinのトランザクションを完了し10BTCを受け取ったHal Finneyを含む数人の採用者から始まった。現在では、bitcoinは統治者の許可なしに資金を移動できるため、より良いお金の取引を可能にしており、世界中の何百万人もの人々によって使用されている。
分散型暗号通過には統治者がおらず、個人は自分のお金で必要なことを自由に行うことができるため、bitcoinは「人民のお金」とみなされている。bitcoinの複雑な通貨制度は、強制力や詐欺行為に基づくものではなく、数学のコンセンサスに頼った有効な同意に基づいており、現在の信頼できない銀行システムとは対照的である。
「信頼されている第三者を必要とすることなく、2人の当事者がお互いに直接取引できるような、信頼の代わりに暗号証明に基づく電子決済システムが必要である。」とナカモトの論文には記述されている。

信頼に頼る必要のない電子取引システム

2017年現在では、bitcoinの革命的なシステムのメリットを求める人々が増えている。執筆時点では、1つのビットコインは6,000ドル以上の価値があり、毎24時間ごとに世界中で数十億の価値が交換されている。また、何らかの形でbitcoinの技術を使用したbitcoinを模倣したプロトコルが1,000個以上も作成された。 現在は、78億ドル相当のアルトコインがあり、毎日何十億ものアルトコインの取引が行われている。多くのbitcoinの支持者は、過去2、30年に渡りインターネットが影響をもたらしたように、bitcoinも社会を変革する革新的な技術であるということにして同意している。
多くの人々が、サトシ・ナカモトの論文の重要性と妥当性は永遠に生き続けることに同意している。「我々は、信頼に頼る必要のない電子取引システムを提案した」」と、ナカモトは論文の最後に結論づけている。
Bitcoinは世に出てから未だに停止していない。 Bitcoinの論文が発表されてから9年が経ったが、2017年現在、bitcoinの革新的な技術が衰える兆候は一切ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です