Segwit2xについて:次のフォークがフリーマネー(自由な貨幣)ではない理由とは

まとめ(30秒News)
・ビットコインはSegwit2と呼ばれる、これまで最大級のアップデートの準備段階にある。
・今回のフォークはブロックサイズの拡大や、ハードフォークという点で従来のフォークと同様の部分がある。
・しかし、今回のフォークは支持する者としない者に分かれており、議論が白熱。
・はっきりしているのは、11月16日前後に実行されるということのみであり、まだまだ多くの疑問が残されている。

ソフトウェアのアップデートの準備が進行中

ビットコインは、単に「デジタル通貨」と呼ばれることがあるが、データ(この場合はビットコイン)を定義された量(ブロックと呼ばれる)で配信するプロトコル(ブロックチェーンと呼ばれる)分権化されたコンピューター上で実行される。 Bitcoinは分権化されているのだ。多くの人々によって、ネートワーク上でのルールの遵守がなされている。
Segwit2xと呼ばれるこの開発計画では、以前は有効ではなかった特定のルールを有効にする非常に特殊なフォーク(またはビットコインのルール変更)が必要とする。具体的には、Segwit2xはネットワーク上でのブロックのサイズを変更し、1MBから2MBまでブロックチェーンの拡張する。
この計画に対して、賛否両論ある。
しかし、このフォークが他のものとどのように違うのかを、まず知ることが大切である。 Bitcoin Cash(ビットコイン・キャッシュ)とBitcoin Gold(ビットコイン・ゴールド)のフォークの傾向をみてみると、Bitcoin利用者はSegwit2xの場合の不確実性にはある種の慣れがあるかもしれない。
例えば、ビットコイン・キャッシュとビットコイン・ゴールドを使用すると、ビットコイン利用者は注意を払う必要はほとんどなく、取引そのものには影響せず、特定の取引所(または自分の財布)にビットコインを持っていたら、新しい仮想通貨を受け取ることができた。
しかし、以前のような結果は、Segwit2xでは保証されない。Segwit2xは多くの点で他のビットコインフォークに似ている問題ではあるが、複雑なものである。
最近のフォークと同様、Segwit2xは下記のようになっている
・代替ソフトウェア – ネットワーク開発者によって実行され、プロトコルのルールを適用するビットコインソフトウェアの修正。この場合、Segwit2xのコードはBTC1と呼ばれる。
・ブロックサイズの拡大 – 大部分のフォークは、他の部分の最適化にもかかわらず、ネットワークの特定の
ルール(ブロックサイズ)に重点をおいている。
・ハードフォーク – ソフトウェアを新しいものにアップグレードしていないものに対し、ネットワークの一部として組み込む
しかし、今回はこの点を際立っている。
まず最初に、ビットコイン・キャッシュ開発者が(新しいルールで)新しいブロックチェーンを作成する新たなものとして登場したのに対し、Segwit2xの目的はすべてのビットコインの既存ユーザーを1つのブロックチェーン上で保持することである。
このように、Segwit2xは従来とは異なる結果をもたらす可能性があり、それは次のようになっている。
Bitcoinのルールが変更される。ほとんどの(或いははすべての)マイナーがソフトウェアをアップグレードするだろう。ビットコインのブロックチェーンは機能し続けるが、より大きなブロックが特徴的だ。 Segwit2xのルールはビットコインのルールに組み込まれる。
2つのビットコインが作成される。一部のマイナーだけがソフトウェアをアップグレードする。それによって、”従来のビットコイン”と、 “Segwit2x”ビットコインの2つのブロックチェーンが作られるだろう。そして、それらは、それぞれが異なるルールと固有の暗号化コードを使用することになる。
Bitcoinのルールは変更されない。マイナーが新しいソフトウェアを実行することはなく、ネットワーク上では現在のルールが引き続き適用される。

支持する?支持しない?

しかし、利用者にとって最も懸念されるのは第2の結果である。
その理由は、変更を支持する者とそうでない者は、どちらも各コミュニティから様々な支援を受けている。簡単に言えば、Segwit2xはマイナーや取引所らの大半の支持を受けていると主張しているが、利用者らが支持しているとは言えない。
Segwit2xは以下から支持を得ている:
・Miner(マイナー) – ビットコインのブロック報酬からブロックチェーンと利益を確保するために、必要とされている業務を実行する事業者。
・Startups (スタートアップ)-  ビットコイン利用者に対し、仮想通貨を保管、購入などのサービスを提供することにより利益を得るビジネスをしている企業
彼らは
・Bitcoinはデジタルマネーでなければならない。それは米ドルまたはその他の通貨と競合するべきであり、交換の手段としての使用を優先すべきである。
・ビットコインの不作為による競合の増加。ビットコイン以外のプロトコルは、支払いに特化したものであると考えている。これらのプロトコルは現在、ビットコインの技術を補填している。
・既存のアップグレードでが不十分。8月にブロックチェーンにコードを追加したが、期待された容量増加が叶わなかった。
と主張している。
その一方で、他の開発グループはこの考えに反対している。
開発者 – ビットコインのコードを管理する任意の開発グループ。このグループには、間違いなくビットコインのプロトコルに長年の月日をかけて作業してきた多くの人々が含まれている。
ノード演算子 – ビットコイン利用者のブロックチェーン上での取引履歴のコピーを格納している(ブロックが大きいほど、格納コストの上昇が見られる)。
彼らはBitcoinは決済手段としての価値ではなく、価値保存としての価値がある。しかし、技術が進歩するにつれて、前者が優先されてしまうかもしれない。
Segwit2xは非常にリスクが大きい。ビットコインが取引を提供できなかった場合、これはビットコインの信頼を大きく失う可能性があるだろう。

Segwit2xはマイナーやビジネスに多大な影響を与えるだろう。彼らは、分散型ネットワークの意思決定を集約化し、ビットコイン最大の価値を損なうと指摘した。

 分裂の可能性は?

今から結論付けるには早すぎるかもしれない。しかし、下記のことを念頭に置いて、Segwit2xがどのようにコード化されているかの仕組みについて知っておくことが必要だろう。
・Segwit2xはBIP 9のアクティベーションを使用する。つまり、ルールの変更は、新しいコードを実行しているマイナーの割合によって変化する。
・マイナーは主にSegwit2xを支持する見通しだ。 Bitfury、Bitmain、Bixin、BTC.com、BTCC、BTC.TopおよびViaBTCはすべて、5月に発表した当初の契約にサインしている。
同紙によると、この計画は、ネットワークマイナーの約80%の支持をすでに得ており、ネットワークの大部分をSegwit2xチェーンに切り替えるのに十分な数であると考えている者もいる。
Segwit2xチェーンでは、マイニングパワーがすぐに反映されるため、従来のビットコインでは利益を上げることが難しくなってくると、マイナーの移り変わりが予測される。
しかし、マイナーがまだコード開発を行うとは限らない。
問題が複雑化しているのは、以下のような要素も考えられる。
・多くのバックビットコイン。 ビットコインの中国を拠点とするのコミュニティは、このビットコインの代替案により投資する傾向があり、ブロックサイズはすでに8 MBに拡大している。
・マイナーは一方的に開発する可能性は低い。 ViaBTCやBTC.Topのような企業は、主に他のマイナーへのソフトウェア購読を販売するマイニングプールです。つまり、Segwit2xを購入するオプションをユーザーに提供する可能性がありますが、そのユーザー全員が切り替えられることは保証されません。
・一部のマイナーは支援していない。 これには、F2pool(ネットワークの5.6%を占める)とSlushpool(7.3%の責任者)が含まれ、双方はコードを実行しないと意思表明している
仮想通貨としてのSegwit2xの価値も重要である。
すでに取引所は、市場価値をテストする方法として、コインのバージョン(注文書にのみ存在するもの)を列挙して実験を行なっている。
発表時には、新しいバージョンのビットコインの価値は、ビットコイン・キャッシュ( 450米ドル)の2倍、ビットコイン・ゴールド(130米ドル)よりもはるかに高い1,000米ドルを上回ると推測されている。

全ての疑問はいつ解消されるのか?

まだまだ多く疑問が残されているが、私たちが知っていることの1つは、フォークが11月16日またはその前後に実行されということだ。
ただし、正確な日付はわからない。これは、変更が特定のブロック(番号494,784)で制定されるため、マイナーが新しいソフトウェアを実行できるようにするためだ。
それでも、このプロジェクトに携わっている人々は、プロジェクトの主任開発者が先週、更新されたコードが11月中旬の計画に基づいてリリースすると述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です